体験記一覧

1996【1】帰ってきた17才

日記を基に書く1996年の旅、全3回。 再びの中国 初めての海外旅行では、大人たちにチヤホヤされることに味を占めて松本伊代ばりに16才アピールをしていたオレ...

1995【3】薄味

第2話に続く最終話。 金橋号 かつて金橋号という貨客船が中国山東省威海から韓国仁川までを18時間で結んでいた。 今は新金橋7号が、同じルートを...

1995【2】手編みセーター

第1話に続く第2話。 外国人料金 ちょうど外国人旅行者専用の外貨兌換券が廃止された年で、ようやく外国人も人民元を使えるようになったが、まだ外国人料金は存在し...

1995【1】初めての海外

記憶は薄れゆくが、記録はずっと残る。 記録を基に書く1995年の旅、全3回。 きっかけ そもそも中国と韓国に興味があったのかどうかで言えば… 全...

1998-2000【20】後悔

第19話に続く最終話。 旅の終わり 新たに働くことになったT社の社長から、働き出すまでの間の1カ月を使ってAUAタイ語学校に通ってタイ語を基礎から勉強するよ...

1998-2000【19】転職

第18話に続く第19話。 Japanese Desk 日本に本帰国した後の2008年に結婚した嫁とは、病院から退院したその日に知り合っているので付き合い自体...

1998-2000【18】就職

第17話に続く第18話。 キリよく全20話で終わらせたいので、かなり詰め込み気味。 就職 まずい状況になってきた… しかし、金がない。手持ちの金が4...

1998-2000【17】デジャヴ

第16話に続く第17話。 基本的に、他人にかつての若かりし頃の話を晒されても「知らんがな!」と思ってしまうタイプなので、自分が同じことをするのに抵抗がない...

1998-2000【16】旅に飽きる

第15話に続く第16話。 かつて1泊4日で超高速南下したマレー半島を、ゆっくりとジグザグに北上。 マレーシア ポルトガル、オランダ、イギリスと列強の植...

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)
1 2 3 4 5