1997【5】エベレスト

エベレスト いよいよ今回の旅の主目的であるエベレスト。 完全にインドア派であるオレがここに至るまでの登山歴は華々しく、デビューとなった泰山(1545m)...

1997【4】こぶ平

カトマンズ ロイヤル・カンボジア航空の次は、ロイヤル・ネパール航空である。 2008年以前の、まだネパールが『王国』だった頃はネパール航空の名前にもロイ...

1997【3】安心感

全4回が確実にムリな状況に…。3回目にしてまだ6分の2カ国目。 アンコール遺跡 エンジン4基の爆音がうるさったからという理由?でクレーム射撃(オリンピック競...

1997【2】世紀末

首都プノンペン 当時、タイとカンボジアの陸路国境越えは不可能だった。 理由は簡単で… まだポル・ポト派がいたから。 翌1998年にポル・ポト...

1997【1】イキりパッカー

1997年のアジア6カ国周遊の旅、全4回。 パキスタン航空 成田発マニラ経由バンコク経由カラチ行の飛行機に乗り、一路バンコクへ。 かつての『格安御三家...

1996【3】返還直前

厦門 硬座での16時間を耐え抜き、ヘロヘロになりながらようやく厦門に到着。 めちゃくちゃ親切にしてもらった周りの人たちに別れを告げ、宿を探す。 ...

1996【2】地獄に仏

硬座 上海から南京に移動した日の日記。 午前9時半、上海発南京行きの快客列車に乗った。硬座を予約していたので、普通の汚い列車を想像していたが、列車を見たとき...

1996【1】帰ってきた17才

日記を基に書く1996年の旅、全3回。 再びの中国 初めての海外旅行では、大人たちにチヤホヤされることに味を占めて松本伊代ばりに16才アピールをしていたオレ...

1995【3】薄味

第2話に続く最終話。 金橋号 かつて金橋号という貨客船が中国山東省威海から韓国仁川までを18時間で結んでいた。 今は新金橋7号が、同じルートを...

1995【2】手編みセーター

第1話に続く第2話。 外国人料金 ちょうど外国人旅行者専用の外貨兌換券が廃止された年で、ようやく外国人も人民元を使えるようになったが、まだ外国人料金は存在し...

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)
1 2 3 4 5 6 7 8 40