軍事オリンピック「アーミーゲーム」

スポンサーリンク

ついピョンヤン(平壌)オリンピックと言ってしまう

ピョンチャン(平昌)オリンピックあるある

さて、オリンピックといえばロシアで2015年から毎年1回行われているのが「国際軍事競技大会(международные армейские игры)」、通称「アーミーゲーム(армейские игры)」。

「アーミーゲーム2017」の公式サイトは こちら

これは軍事演習ではなく、軍人たちがその技を競う軍事オリンピックである。

IOC(国際オリンピック委員会)ではなく、MO(ロシア国防省)主催だ。

昨年の7月29日から8月12日まで開催された直近の「アーミーゲーム2017」では、28種目の競技が行われた。

参加国は過去最高の28カ国

ロシア、カザフスタン、中国、ベネズエラ、アンゴラ、ベラルーシ、エジプト、イラン、アゼルバイジャン、ジンバブエ、アルメニア、モンゴル、インド、セルビア、クウェート、キルギス、ニカラグア、タジキスタン、ギリシャに加え・・・

ウズベキスタン、バングラデシュ、シリア、タイ、ウガンダ、南アフリカ、イスラエル、ラオス、モロッコが初参加。

ギリシャが唯一のNATO加盟国として参加しているってのが興味深い。

Sputnikさん(@sputnik_news)がシェアした投稿

一体どんな競技が行われるのか?

種目をいくつか紹介。

戦車バイアスロン

冬季オリンピックでバイアスロンといえば、クロスカントリースキーとライフル射撃を組み合わせた競技だが・・・

軍事オリンピックでバイアスロンといえば、戦車の運転技術と戦車砲の射撃の正確性を競う競技だ!!

会場は、モスクワ郊外にあるアラビノにある戦車射撃演習場。

参加国用にT-72戦車を貸し出しているが、自前の戦車の持ち込みも可能だ。

障害物コースを戦車で疾走しながら、標的を射撃し正確性を競う。

スヴォーロフ・アタック

会場は、中国の新疆ウイグル自治区のコルラ。

要は『戦車バイアスロン』の歩兵戦闘車バージョンで、参加国にはBMP-2を貸し出し。

野外炊飯

5名の兵站チームで射撃の腕前と炊き出し力を競う。

会場は、モスクワ郊外にあるアラビノ。

ライフル射撃の後、指定された材料を使ってどんな料理を作るか? 指定された料理をいかに作るか?で競う。

PP-40ポータブルストーブ、KP-30ポータブルキッチン、KP-130牽引式野外炊具、PKhB-0.4ベーカリートレーラーの貸し出し有。

ちなみに、イスラエルはこの種目にしか参加していない。

軍事医療リレー

会場は、サンクトペテルブルク。

戦場でいかに素早く的確に負傷者を救護するかを競うリレーだ。

負傷者をMT-LB汎用装軌装甲車に乗せてオフロードを爆走する障害レースもある。

負傷者役は絶対イヤだ・・・

秩序の監視者

これは憲兵(ミリタリー・ポリス)のための種目だ。

障害物を乗り越えながらいかにターゲットを制圧するかと、パトカーを使ったスピードレース。

各ステージで、優秀だった選手はMVPならぬBMP(ベスト・ミリタリー・ポリスマン)に選ばれる。

軍事ラリー

軍用トラックを使ったオフロードラリー。

会場は、カルムイク共和国のヴォルゴグラードとアストラハンとアリスタの3都市を結ぶ総延長1100kmのコース。

UAZとかKAMAZのトラックでひたすら平原を爆走する。

軍事偵察名人

2016年の第2回大会から参加しているジンバブエ国防軍は、「アーミーゲーム2017」では4種目にエントリー。

そのうちのひとつ、全5ステージで行われる種目『軍事偵察名人』は、小学生の時に少年自然の家でやらされたオリエンテーリングみたいなもんだ。

会場は、「シベリアの首都」ことノヴォシビルスク。

Mi-8ヘリコプターからパラシュートで降下し、着陸地点から1000km離れた指定場所まで徒歩や戦闘車両で辿り着く競技。

コンパスを見ながら現在地を把握して進むのだが・・・

ジンバブエにはないシベリアの針葉樹の森に大苦戦し、迷子になったジンバブエ国防軍。

こちらは第5ステージで、100m幅の水を渡る前のジンバブエ兵。

7カ国が参加したこの『軍事偵察名人』種目。

ジンバブエ国防軍は迷子になったのが響き、最下位であった。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

この記事をシェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
広告(大)