新たな観光地を発掘しよう!第7弾

スポンサーリンク

最近、すっかりご無沙汰してしまいました。

なんとか生きております。

久しぶりに更新するブログが、こんな内容でいいのか?とも思いますが、そもそもこんな内容でしか書いてないので『いつもの感じ』で更新します。

さて、タイ王国と聞くとどんな観光地があるでしょう?

ワット・ポーとか、ワット・プラケオとか有名どころですが、そんなもん他人のブログをみたり、ガイドブックでも読んでおけば十分行った気になるっつうもんです。

あっ、ちなみにタイ語で『ワット』って『寺』という意味です。

今回、ワタクシめが行ってみたのが・・・

ワット・タンマガーイ

日本語で言えば、タンマガーイ寺院。

ふふふ、どんなガイドブックにも載っていない寺なわけです。

何を隠そう、タイの新興仏教カルト教団にして、タイ最大の信者数を誇ると言われる教団の総本山でございます。

瞑想系らしい。

1999年には軍隊が出動して僧侶が逮捕されたりしたこともあるようですが、まぁオレはそこら辺はどーでもいいっていうか・・・建物が面白ければそれでいい派なんで。

だってだって、こんなお寺っすよ?!


もう寺っていうか・・・UFOじゃん!!

タンマガーイ教団の動画はこちら。

こりゃあ、見に行くしかないっしょ!?と思い、自ら車を運転してパトゥムタニ県にある総本山まで行ってきましたよっ!!


入口ではいきなりUFOがお出迎え。


まぁ、UFOっていうか、横から見たチ○ビみたいに見えなくもないんだけど・・・こんな神聖な場所でそんな不純なことを考えたらダメだ!と自分を戒めながら敷地内を車で探検。

つーか、この寺どんだけ広いんだっ!?

ってくらいハンパなく広いんです。

30万人を収容できる建物がずっと続いておりまして、何なの?この広さ・・・


↑こんな建物がひたすら続いているわけです。

他には・・・


こんなモニュメントやら・・・


教団のマークをデザインしたモノも発見。

完全にUFOじゃん!!

奥に進むと、入り口にあったUFOとは別なUFOが離陸準備を進めておりました。


比較対象がないせいで、いまいち大きさが分かりませんが、実際は巨大です。

とりあえず・・・

「中に入りたい!!」

とお願いしてみましたが、瞬殺で拒否られました。

年に一度の祭りの時なら、ん十万人規模で信者が集まって、それはそれはとんでもない景色が拝めそうですが、オレが行った日は平日の昼間ということもありガラガラ。

UFOも中に入ってなんぼ!ですから、外から眺めるぶんには3分もあれば飽きてきちゃうわけです。

車でウロウロしてみたんですけど、いまいち萌えず・・・

仕方がないので、もう1軒だけ寺をはしごしてみることにしました。

場所はスパンブリー県

かつてタイに6年住んでいたオレですら「どこだよ、それっ!?」と思ったほどメジャーこの上ない田舎にある寺でございます。

バンコクからスパンブリー県まで2時間くらいだったかな?


こんな景色になってきまして、終いには携帯の電波すら届かなくなる始末・・・

そんなド田舎にある寺はどんな寺だったのか?は次回ということで。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

この記事をシェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
広告(大)

コメント

  1. 某宗 より:

    信濃町のS価学会総本部の近所に「S価文化センター」って言う博物館的な物があります。
    おもしろそうなんで是非見に行ってくだせぇ。

  2. より:

    >某宗さん
    なんか、トランシーバー持った自警団がウロウロしてるらしいじゃないですかw
    カメラ持ってウロウロしてたら詰問されるという噂を・・・