ヨハネスブルグ音楽シーン

スポンサーリンク

Resident AdvisorというエレクトロニックミュージックのWebマガジンで、南アフリカのハウスシーンを取り上げていました。

20分くらいあるけど、日本語字幕も付いてるんで見やすいかなと。

ヨハネスブルグの感じも分かって、興味ある人にとってはなかなか面白いかな。

このReal Scenesでも取り上げられていた片腕のDJBlack Coffeeはオレも好きで、よくこのブログでも取り上げますが今回もまた・・・

Soulstarとのコラボ。

小太りのドングリみたいなおっさんがSoulstarですね。

Real Scenes内でも出てきたOskidoというおっさん(南アのハウスのパイオニア的で存在で、今は豪邸に住んでる人)が、Black Motion(掘っ建て小屋で曲を作ってた2人組)と一緒に出してる曲はこちら。

ちなみにOskidoは、もともとヨハネスブルグのヒルブロー地区にあったクラブの外でホットドッグを売っていた人です。

ある時に、クラブ内に忍び込んで勝手にターンテーブルを廻したら、翌日からクラブ専属DJが来なくなっちゃって、そこから彼のサクセスストーリーが始まったと。

ホットドッグ売りからの成り上がりですね。

残念ながらReal Scenesでは取り上げられていませんでしたが、双子のDJユニットRevolutionだって間違いなく南アフリカのトップアーティストの1つでしょう。

彼らはビジネス的にも成功していて、自身のレーベルを持ってけっこう有名なアーティストとも契約をしています。

ハウスにすっかり押されて影の薄くなった感のあるクワイト・ミュージックですが、そんな中で頑張ってるのがTheo Kgosinkwe

「クワイトっていえば?」と聞かれたら「マフィキゾロでしょー」と言っておけば正解なくらいクワイト界でビッグなユニットMafikizoloのメンバーです。

もちろんMafikizolo自体もいいんですけど、彼はソロになってもブレない。

これぞアフロポップって感じ。

これもこれでいいんです。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

この記事をシェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
広告(大)