興味ある外国の第1位は。

スポンサーリンク

現在、もっとも興味のある外国・・・

特定の「どこの国が・・・」ってのはないんですけど、スポットでは幾つか有。

たとえば、カメルーンのジャングルでバカ族に向かって思いっきり

「アイム・ノット・バカ。ユー・アー・バカ。」

と、当たり前のことをキレ気味に言ってみたくてたまらない・・・

とか、そういう話です。

ということで、オレが今もっとも興味のある外国スポットは!!

じゃがじゃがじゃーーんっ!!

1位:お洒落にカフェ・オ・レを飲みながら巡るパリ。

・・・・・

だいぶウソつきました m(_ _)m

ホントは・・・

1位:M56号線(レナ国道⇒コルマ国道)

ですっ!!

・・・ごめんなさいね。

最近すっかり日本に毒されてメジャーなことしか言わなくなっちゃて、オレ。

前々から「カムチャツカ半島を車で縦断してぇーな」とは思ってたんです。

でも・・・

火山が噴火したら怖ぇ~。

とか思っちゃうわけですよ、やっぱり。

だったら、トラは出るかもしれないけど、火山は噴火しなさそうなシベリアでいいんじゃね?と答えが出たと。

“地獄の道路”

の異名を持つシベリアのM56号線

いちおう、オレもケムケム号でアフリカで21,000kmを走破したし、シベリアもやっつけてやろうか?と意識しちゃうわけ。

↓地図で説明すると、左下から真ん中までがレナ国道。 真ん中から右までがコルマ国道


より大きな地図で M56号線 を表示

具体的に言うと、中国との国境に近いアムール州スコヴォロディノからレナ川沿いにサハ共和国の首都ヤクツークまでの1,235km(東京⇒大分くらい)を結ぶのがレナ国道。

そのレナ国道の先は、ヤクツークのレナ川対岸にあるニジニ・ベスチュクから、マガダン州の州都マガダンまでの2,031km(北海道稚内⇒岡山くらい)を結ぶのがコルマ国道。

スコヴォロディノからマガダンの総距離は、ほぼ北京⇒ウルムチくらい。

距離的には、アフリカではこれの7倍弱を走ってるから問題ないと。

ゴールは、かつての強制収容所で有名な北の果てマガダン。

通過ポイントのヤクツークは、最低気温-64度とかいう意味わからん記録を打ち立てた極寒の地。

こちらは、コルマ国道を走るロシアン・チャリダー↓

あら、意外と道路もいいじゃない!と思うでしょ?

甘いな。

雪解けの春ごろのM56号線(特にレナ国道)は、アフリカの悪路も顔負けの極悪路になるらしい。

↑走ってて泥に埋まった車

↑泥道路

↑泥んこ

・・・・・これは、

・・・オレが走ったアフリカの道路より遥かに酷い。

やっつけに行ったら、返り討ちにあうのは必至だな。

それこそ、南アフリカ製キャスパーMk6が必要かも。

ロシア軍に拘束されそうな気もするけど。

M56号線を特集した「るるぶ」とかねーかな?

ちょっと本屋で探してみます。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

この記事をシェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
広告(大)