マローダーの乗り方

スポンサーリンク

今や日本の奥様たちの間で大人気のマローダー

アフターヌーンティーにマローダーで乗りつけるマダムが続出している模様です。

エンジンは、船舶用や鉄道用のディーゼルエンジンで有名なカミンズ社の300馬力6.7リッター・ディーゼルエンジンを搭載。

燃料タンクの容量は不明ですが、1000kmは走れるみたいで、東京から下関くらいまでなら無補給で走破できます。

燃費も不明ですが、車体重量が10トンあるので、

・・・エコ? 何のことですか?!

ってくらい、悪いはず。

BBCに『Top Gear』という番組がありまして、その番組でマローダーを特集したことがあります。

最近は、東京でも信号待ちの間に拳銃を持った若者にカージャックされちゃうなんてニュースも毎日のように聞くようになりましたね・・・

東京のヨハネスブルグ化

が叫ばれて久しいわけですが「走行中に車が故障した時は車外には出ず、車内からロードサービスに電話する」という常識がようやく浸透してきました。

東京のダウンタウンで、深夜に赤信号で止まっていて襲われたら『深夜に赤信号で止まっていた方が悪い』という風潮すらあります。

でも、マローダーなら心配なーーいっ!!

ヒルブロー地区も、マローダーでなら普通にドライブできちゃうぞっ!!

都心の渋滞も困りものらしいですが、マローダーならそんなお悩みも解消です。

別に、必ず道路を走らなきゃいけない

なんて決まりはないんでしょ?

法律で決まってるんですか?

・・・知らないね。

道路が混んでたら、塀の壁をブチ破って進めば渋滞に関係なし!!

マローダーだったら、それが出来ます。

ただ・・・マローダーにも弱点が・・・

マクドナルドのドライブスルーを利用する時が大変。

以上のことは、『Top Gear』内ですべて試しています。

たったの3kgプラスチック爆弾でハマーが木端微塵になってたね・・・

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

この記事をシェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
広告(大)