Akua Naru【Hip Hop・アメリカ】

スポンサーリンク

よくブログでアフリカとかバルカンの音楽について書いてるけど・・・

結局のところ誰のファンなの?

そう聞かれたら、迷わずBABYMETALとAkua Naruと答える。

「いやいや、BABYMETALとAkua Naruってジャンルが全然違うし!」という意見は置いておいて、そんなAkua Naruがこの4月27日に待望のニューアルバム『The Blackest Joy』を出すっていうんで、今からウキウキしてるとこ。

ヒップホップ・ミュージックにも色々とサブジャンルはあるけど、一番の好みはジャジーなサウンドにラップを乗せるジャズ・ラップ。

昔、Guruの『Jazzmatazz』とかよく聴いてたな・・・

他にも好みでいえば、Jazz Liberatorzとか、Digable Planets、The Roots、The Sound Providers、Hocus Pocus辺りですかね。

もうここら辺が好みという時点で、Akua Naruもどんぴしゃハマります。

女性という点からいえば、BahamadiaやQueen Latifah、Erykah Badu辺りの流れに位置するコンシャス・ラッパーでもある彼女。

彼女自身によると、Talib KweliやMos Defなどヒップホップアーティストや、ロックの殿堂入りもしているGloadys Knightの影響を受けたようです。

Drea d’Nurとのセッションで『The Block』:

2011年の1stアルバム『The Journey Aflame』からもうカッコいい!

2012年に1stアルバムをライブ録音した『The Live & Aflame Sessions』を発表。

2015年に2ndアルバム『The Miner’s Canary』を発表。

そしていよいよ今月ニューアルバムを出すと!

ニューアルバムからのシングルカット『My Mother’s Daughter』は、これまで同様のジャジーなサウンドに加えて西アフリカのテイストもプラスされてる。

1曲しかシングルカットされてないけど、アルバム全体としてもこれまで通りカッコいいに違いない!と、さっそく予約をしております。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

この記事をシェアする

フォローする

関連コンテンツユニット
スポンサーリンク
広告(大)